これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

結婚後も働きたいと思う女性は多いものの、働いてからの悩みはつきません。働きに出たばかりに、夫婦関係が悪化し、離婚というケースも。そこで、結婚後もパートナーからも愛され、幸せになるヒントをお伝えします。

 

女性活躍社会の理想と現実で板挟みの女性

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

平成27年に女性活躍推進法が施行されました。しかし、女性が活躍する社会になるには、これまでの男性社会で当たり前だと考えられてきたことを、変えていかなければなりません。現在、法が施行されてはいるものの、ようやく改革が始まったばかり。現場で働く女性にとっても、働きやすい環境とはいえないような状況が続いています。これから結婚・出産しても働きたいと考えている女性に、現在の働く女性の抱える悩みと、その解決へ向けたヒントをお伝えします。まずは働く女性の悩みからみていきましょう。

 

働く既婚女性の悩み4つをご紹介

 

子どもの体調が仕事にも影響する

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

子どもがいる家庭なら、小さいうちは、どうしても体調を崩しがち。早いママなら子どもがゼロ歳のうちから保育園という家庭もあります。夫婦のどちらかが、子どもを迎えにいかなければなりません。子どもの風邪で悩むというより、パートナーがお迎えに行けないことに悩むケースも少なくありません。

 

夫が家事に非協力的

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

料理や掃除、洗濯は毎日のこと。それでも夫の帰宅が遅いことや、早く帰ってきても手伝ってくれないことに悩む女性もいます。働きに出る前に、パートナーの家事スキルをあげておかないと、いざ明日から仕事といっても、なかなか変わってはくれませんね。

 

仕事終わりの夕飯づくり

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

体力的に大変な家事のひとつ、夕飯づくり。そもそもメニューを考える時点で、頭には1日の疲れもたまっていて、ぼんやり状態。パートナーが協力的な家庭もありますが、どちらかというと夕飯づくりは妻という家庭も多いでしょう。

 

いつもイライラしている

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

どうしても時間に制限ができてしまうため、時間に追われてイライラしがち。子どもに「早く」と言いすぎて悩むママも。イライラしていると、夫婦関係にも影響してしまいます。「結婚した時は可愛かったのに」と、パートナーに後悔させないように注意。働いてから女性らしさがなくなってしまうと、パートナーのキモチが冷めてしまうリスクもあります。

 

共働きのお悩みを夫婦円満に解決する5つのコツ

 

仕事への理解をしてもらう

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

働くことを決めるのは良いですが、パートナーに何も相談しないで決めてしまうより、仕事をしたいことを事前に伝えてから勤務先を探してみましょう。それだけでも、パートナーから家事に協力をしてもらいやすくなります。今まで、家事はしなくてもOKだったのに、いきなり明日から家事をして!といってできる男性は、慣れている人のみ。ほとんどの男性は、何を手伝ったらよいかもわかりません。仕事の時間帯、やってほしい家事はあらかじめリスト化。パートナーに、子どものお迎えや手伝ってほしいことを相談しておきましょう。

 

頼める家事はできる人に頼む

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

共働きの場合、100%の家事はほとんど不可能だと割り切りましょう。部屋が汚れていても、気にしない「鈍感さ」も必要です。またパートナーに頼めそうなものは、頼んでしまったほうが、時間を活用できることも。どうしても協力が得られない場合は、家事代行サービスもあります。ここ最近では活用している家庭も増えています。自分の時間が増えるメリットは大きいですね。心の余裕にもつながり、イライラも減るなら、出費以上の価値はあるといえるでしょう。

 

休みを取ってデートする

 

時間に追われてイライラばかりの日々は、パートナーとの関係もギクシャク。共働きをするとお互いにすれ違いのリスクもあるため、意識して一緒の時間を過ごし、ラブラブを取り戻しましょう。いつも行くスーパーではなく、違う地域のスーパーやカフェなどに行き、限られた時間でデートを楽しんでみてください。

 

パートナーが働いていることに感謝する

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

自分が働いていて、ある程度稼いでしまうと、相手への感謝が減ってしまうこともあります。パートナーも働くのが当たり前ではありません。パートナーがいるからこそ、今の生活が成り立つことを常に意識しましょう。普通の恋人どうしでも、慣れから感謝を忘れてしまうと、キモチが冷めてしまう傾向に。感謝を言葉で表すなど、相手に伝えてみましょう。

 

記念日は必ず祝う

 

いくら仕事が大変でも、相手の誕生日や結婚記念日は、いつまでも忘れないでおきたいもの。また記念日などを大切にしてくれる女性は、可愛いなと思える男性も多いです。また、大切な時間を取ることで、イライラして八つ当たりしたことのお詫びにも。束の間の時間でも構いませんので、お祝いをしましょう。パートナーにとっても、大切にされていると思えれば、大変なことは協力してあげようというキモチにもなりやすいですよ。

 

さいごに

 

これから結婚する人へ、働く女性の悩みと共働きで夫婦円満5つの秘訣

 

結婚してからも働くなら、パートナーの協力も必要不可欠。パートナーにも随時相談しつつ、できるだけ協力してもらえるよう配慮しましょう。家事を専門のサービスに頼んだり、有休をとったりすることは、時間的・精神的な余裕にもつながります。心の余裕が出てくると、イライラも減って笑顔になり、パートナーから愛される妻になれますよ。