1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

 

せっかく仕事に復帰、でもちょっとお疲れというママはいませんか。結婚後も仕事を長く続けるためには、2つの理由が働く原点に。その理由についての説明と、子どもがいてもできる、頑張る自分へのご褒美をご紹介します。ご褒美があるとモチベーションもアップに。参考にしてみてくださいね。

 

仕事を辞めたくなったら原点に戻る

 

1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

 

やっと子どもを預ける場所も見つけて社会復帰したものの、待遇や人間関係などさまざまな理由で、仕事を辞めたくなってしまうママもいます。たしかにパートだったら、他に探すことも不可能ではありません。しかし、せっかく見つけた仕事。スグに辞めてもよいのだろうか、後悔しないだろうかと迷ってしまいますよね。

 

会社に問題があって辞めたいなどの場合は、上司に相談する必要もありますが、ここでお伝えするのは、「なぜ自分が働くのか」という原点。仕事を辞めるかどうか迷う時は、心のどこかでは続けたいなあと思っていることも多いです。働くママの場合、仕事ひとすじで働くのではなく、別の理由を持つことでモヤモヤもスッキリ。どのような視点から仕事に取り組んだらよいかお伝えしたいと思います。

 

家族と自分、2つの理由で仕事が続けやすくなる

2つの理由があれば、仕事へのモチベーションもアップします。自分がどのような理由で仕事に取り組んでいるのか、振り返ってみましょう。

 

家族(家計)のために働く

 

1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

 

パートをする理由には、家族のために働くという理由が多いです。家族のために稼ぐと、お給料のほとんどは家計に。食費、子どもの塾代、スマホ代などに消えていきます。扶養範囲で働いている人は、年間で稼げる額も決まっているため、仕事は毎年同じような仕事を繰り返していることも。モチベーションが高い人は、環境によってスキルアップをしていくことも可能ですが、そうではない人はマンネリに陥りやすい点も考えられます。

 

そのため、家族のためだけを思って働いていると、仕事がつまらない、仕事をしている理由がわからないといったような問題にも直面しがち。一方、同じようにパートで働いていても、ずっと長く続けられる人もいます。その人は、なぜ長く続けることができるのでしょう。

 

それは働く理由があるからです。その理由には、人間関係など会社から与えられた待遇以外の部分に、面白さや生きがいを見出しているケースもあります。既婚女性の場合、家計がひっ迫しているなど究極な理由がない限り、働かなくても生活できる環境もあり、それが働く意味を失わせてしまうことも。パートを始めたいのに続くかどうか心配、マンネリな仕事に飽きそうという人は、自分なりに働く理由を見つけてみるとよいでしょう。

 

自分のために働く

 

1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

 

働く理由のもうひとつは、自分のために働くということ。働くママの場合、子どもを優先に考え、自分のことは後回しになるのは日常茶飯事です。でも、自分のことを後回しにしてばかりいると、ココロが枯れてしまうことも。

 

たとえば仕事の愚痴が多くなる、家族の嫌な点が目につく、イライラするといった感情が出ていたら黄色信号です。このような場合の対策として、自分のために働くという理由をつくることが大切。ママなら子どもや家族がいるのに、自分のために働いてもいいの?という戸惑いもあるでしょう。でも、それでよいのです。

 

自分のためというのは、仕事を頑張った自分へのご褒美を与えること。心理学でいうと、外発的動機づけともいい、外からもらえる報酬でモチベーションをアップさせる方法です。勉強をしない小学生の子どもに、手を焼いているママも多いと思いますが、「勉強したらおやつあげる」と言っただけで、勉強するようになったというのも、外発的動機づけを活用しているのです。外発的動機づけがうまくいくとモチベーションアップや、他の人にも優しい気持ちになれるなど、ココロの余裕がうまれるメリットもあります。

 

働くママでも自分へのご褒美!予算別12の方法

 

1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

 

外発的動機づけをやってはみたいと思うものの、働くママには予算が限られている現実も。そこで働くママ向け、予算別の過ごし方の一例をご紹介したいと思います。

 

1,000円未満

  • DVDをレンタルし、コンビニで新発売のデザートを買って家でまったり
  • 100円ショップのアイテムで、自宅のトイレを華やかにする
  • 仕事帰り、スタバのコーヒーとケーキを食べる

 

3,000円以下

  • 好きな洋服を1着買う
  • 映画館でポップコーンと飲み物を買って映画鑑賞
  • レストランでプチ豪華なランチセットをオーダーする

 

5,000円以下

  • 新発売のメイク用品を買う
  • ホテルのラウンジでティータイムをする
  • マッサージチェーンで身体を癒す

 

1万円くらい

  • ヨレヨレのランジェリーを交換する
  • 美容室で髪を整える
  • 日帰りバス旅行をする

 

さいごに

 

1000円未満OKお疲れの働くママにご褒美!予算別の過ごし方

 

家族のためだけに働いていると、いずれ燃え尽きてしまうリスクも。働く理由を上手に見つけて、仕事もママも両立させていきましょう。ご紹介した過ごし方はほんの一例です。自分なりに楽しいことをいろいろと探してみてください。自分のためにも働きましょう。